その重要性が認識されてきた国内MBA

日本全国にビジネススクールはありますが、初めて中国・四国地方で開校したのが香川大学大学院です。地域マネジメント研究科、地域マネジメント専攻の学科が用意され、MBAホルダーとして地域のリーダーとして活躍する人材を育てています。生徒の8割以上が香川大学大学院に通学する人は働きながらであり、目的として自らのキャリアアップをはかる傾向にあります。

 

主に香川大学大学院の授業は夜間に行われており、必要に応じて土曜日や日曜日も行われるケースがあります。企業の多くは一般的に平日の昼間に就業となることから、働きながらの通学をこのような授業日程によって可能にしています。さらに「分析基礎科目」「地域基礎科目」「基礎科目」「応用科目」から地域マネジメント科ではコースを選ぶことになりますので、あなたが求めているカリキュラムで進めていくことが出来ます。

 

目的を選んで授業を受け、今の自分に必要な科目を学ぶことが出来ますので、効率的に無駄なくMBAの取得を目指すことが出来ます。基礎的な知識が1年目はメインとなり、より実践的なプロジェクトが2年目に入ると行われ、MBAに必要な知識や戦略を学びます。MBAを香川大学大学院で取得することによって、大きなキャリアアップに地域活性化を考えた任務に就き、繋がることでしょう。地域だけではなく、もちろん国内その他の地域、そして海外でも活躍することの出来るマネジメント・マーケティング能力もきちんと身に付けることが出来ますので、選択肢を将来的に広げることが出来ます。

 

書類審査と小論文、面接が香川大学大学院への入学には行われます。ただし出願資格や合否判定方法が一般選抜や社会選抜で異なっていますのでご注意ください。香川大学大学院のホームページからもし詳細を知りたいのでしたら、資料請求をすることが出来ますので、ホームページを是非一度覗いてみると良いでしょう。また、入学する前に学校の雰囲気やインフラなどオープンスクールも行っていますので実際に体験してみてください。


ホーム RSS購読 サイトマップ